カジノカフェを摘発する際に重要視される点として、賭け事の経験があるか否かではなく、現在進行形で明確な証拠を見つけることです。警察としては、現行犯で逮捕できれば一番いいと思っていますし、現行犯のタイミングで突入することは当然です。その為、警察の関連番組で放送されているような営業中を狙っていることが非常に摘発では多いです。

現行犯でなければ逮捕できる状況にならない

現行犯逮捕が原則

もし営業していない時間帯を狙って、経営者を逮捕したいと考えても、それは罪状が何になるのかを作ることが難しくなってします。詐欺容疑などを利用しても構いませんが、何を元に詐欺をしているのかがわからないために、基本的に警察は後から逮捕するというのはほとんど行なっていません。行っている事例は、カジノカフェのオーナーがその場にいなかったために、後から逮捕する場合のみです。
現行犯で行っていれば、それは賭博罪を適応して逮捕することが可能となりますし、違法なことをしていることは証拠として残されて、言い逃れができない状況になります。これによって摘発して、何とかして証拠を取りながら何にお金が使われていたのかを調べています。

利用しているというだけで逮捕されない

現行犯でなければ大丈夫

利用する人については、利用しているだけでは逮捕されることは基本ありません。しかし現行犯で行っている場合は別になり、逮捕できると判断できます。単純賭博罪という方法を利用すれば、プレイヤーも逮捕できるとされているので、提供している側だけでなく、行っている時に警察が来てしまったら逮捕されます。
これは運が悪かったといえることかもしれませんが、むしろこうした状況で行なっていたことが悪いと判断されてしまうので、実際には良いことではありません。出来ることならカジノカフェは使わないほうが良いですし、その方が安心してオンラインカジノを楽しめるかもしれません。

後から調査されるケースもあるので注意しよう

後々調査されることもある

もし利用していたことが分かって、過去に利用している人の名簿などが残されている場合は、それをもとに調査されることになります。実際に賭博をしていたかどうかはわからないので、逮捕されないことが多いものの、事情聴取は受けることになります。
逮捕や摘発は、行なって終わりではなく、その後の調査をする必要があります。そして多くの人が絡んでいたことを判断して、最終的にお金が移動されているところを突き止めて、そこを潰さないと完了とは言えないのです。