オンラインカジノの登録から払い戻しまでこれで完璧?!

オンラインカジノの登録から払い戻しまでこれで完璧
オンラインカジノはアメリカドルなどの外貨を利用するため、入門のハードルを高く感じがちです。
しかし、実際にアカウントの開設や入出金に必要な手続きは意外と少なく、簡単にできてしまう面もあります。

PCだけでなくスマホで簡単にはじめられるオンラインカジノも多く、人気の理由になっています。
今回は気になるオンラインカジノのアカウント開設から入金・払い戻しまでの流れをまとめました。

無料プレイと有料プレイで必要な書類が異なることが多い

オンラインカジノによってアカウント作成方法は違うものの、無料で遊ぶだけなら入力情報が少なく済むことがほとんどです。
これは気軽にプレイして貰い、オンラインカジノに親しんで貰おうという運営企業が多いためです。
無料プレイのみであれば、メールアドレスと住所・氏名など、簡単な情報入力で済むのが一般的です。

ただし、実際に有料で遊ぼうとなると身分証明書の提示が求められることが増えます。
これはオンラインカジノの不正利用を防ぐためです。
オンラインカジノは様々な国の法律に基づき、ライセンスを取得して運営されています。

どんな国であってもお金に関する法律は厳しく、お金を使う、受け取るとなると身分の証明が必要になるのです。
免許証やパスポートなどが使われるのが一般的で、顔写真と住所などの情報を一度に確認できるものが求められます。
無料プレイと有料プレイで必要な書類が異なることが多い
身分証明証にプラスしてセルフィー(自撮り)が求められる場合もあります。
現住所が確認できる書類が必要になる場合もありますが、最新の情報に統一することが重要です。
書類の不備や情報の不一致があるとアカウントが作れない可能性があるからです。

また、文字情報の入力時にも気を配ることがあります。
オンラインカジノは海外に拠点があり、氏名や住所のローマ字入力を求められることが一般的だからです。
ローマ字でも複数の入力方法があるため、スペルミスや不一致からアカウントが使えなくなる場合もあります。
お金が関わる分正確性を求められることに注意が必要です。

入出金方法もオンラインカジノで方法が変わってくる

入出金方法もオンラインカジノで方法が変わってくる
入金方法、出金方法もオンラインカジノごとに違いがあります。
入金方法はクレジットカードや電子決済・送金サービスに対応しているケースが多く、銀行振り込みが利用できる場合もあります。

注意したいのは、入金ができても出金ができないケースがあることです。
クレジットカードは気軽な入金の手段になっていますが、出金のための口座は付属しないため出金ができません。
オンラインカジノを遊ぶお金はアメリカドルやユーロなど外貨中心になり、銀行振り込みも対応の可否や手数料に違いが出ることが増えます。

そのため、日本のオンラインカジノユーザーは外貨対応の電子決済・送金サービスを経由し、入出金を行うことが一般的になっているのです。
有名なのがecoPayz(エコペイズ)です。
他にも外貨の入金や、受取を簡単にするサービスやアプリは複数存在します。

電子決済・送金サービスの利用のも注意点があります。
お金が関わるサービスになるため、身分証明証の提示や銀行口座の紐付け、クレジットカードの登録が求められるケースがあることです。
情報に正確性が求められるのもオンラインカジノのアカウント開設と同様です。

特に出金時は氏名や住所の情報確認などが厳しくなります。
銀行口座の情報を紐付けても、名義に相違があれば振り込まれないケースなどもあります。
オンラインカジノと関連サービスの名義と住所情報を統一するなど、トラブルを避ける工夫も必須になっているのです。

入金・出金は各種制限や手数料に注意が必要

オンラインカジノへの入金、出金をしたい場合は、金額の制限や各種手数料についても知っておく必要があります。
たとえば、クレジットカードの入金は最も手軽な手段ですが、外貨を使った決済をする場合は手数料が追加されるのが一般的です。

入金タイミングによって参照される為替レートが変わるため、思った以上に負担が大きくなる場合や、安く入金できる場合があります。
電子送金サービスなどを利用した場合も同様で、常に為替の影響を受ける意識が必要です。

電子送金サービスの利用にも手数料がかかります。
入金や出金にかかる手数料はサービスごとに異なり、アカウントの維持に費用がかかる場合もあります。

休眠口座の維持費として、年額で負担がかかるサービスも珍しくないためです。
○○ドル以上の利用でなければ該当サービスに入金できないといった制限もあります。

これは余りに小額のやりとりが可能になると、サービス側の費用負担が重くなりサービス提供が難しくなる場合があるためです。
不正な出金を防止するために、1日○○ドルまでなど、出金や銀行口座の振り込みに制限がかかる場合もあります。
オンラインカジノ自体が制限を設けることは珍しくなく、1日○万ドルを超える出金ができないというケースがほとんどです。

最低出金額を設けることで不正利用を防ぐオンラインカジノ、電子送金サービスも珍しくありません。
どんな金額でも入出金できるわけではないため、制限があることを知った上で賢く利用する必要があります。

手続きは難しくなくても正確性が求められる

オンラインカジノのアカウント開設や、入出金に必要なサービスの登録には身分証明証を求められることが一般的です。
手続き自体は難しくないものの、ローマ字入力などが必要で若干手間がかかります。

正確性が求められるのもポイントで、不正などを疑われないようにしっかりとした入力を行うことが大切です。
各種手数料を差し引きで考えても、日本の各種公営ギャンブルよりも圧倒的に高い還元率を誇るのがオンラインカジノの魅力になります。

多少の手間をかけるだけのリターンが得られることも珍しくありません。
ただし、はまりすぎ、お金の使いすぎには注意が必要です。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。