入出金手段と手数料の関係

ネッテラーが使われた背景に口座維持手数料のメリットがあった

撤退したネッテラーが多く利用されていた背景には、口座維持手数料という部分が関連していました。
口座維持手数料はネッテラーなどの入出金サービスでも適用されるケースがあり、特に口座を使っていないユーザーに対する維持手数料はかなり高く設定されています。
ネッテラーの場合は口座維持手数料が無料に設定されていたため、勝手にお金を取られる問題がなく、多くのユーザーが使いたいときだけネッテラーを利用できる良さもあったのです。

口座維持手数料はオンラインカジノでも重要な要素

オンラインカジノで入出金サービスを決める場合、口座維持手数料は重要なポイントでした。
口座維持手数料が必要と判断されれば、口座を利用していないのにお金を払う必要があり、気軽に口座開設というのは難しいのです。

ネッテラーの場合は口座維持手数料がかからなかったので、多くのユーザーが気軽に口座作成が可能となりました。
しかも口座作成にも手数料が必要なかったので、無料でほぼ全てのサービスを使い続けられた良さもありました。

ネッテラーを頻繁に利用していないと口座維持手数料を取られるというのはなく、どのようなタイミングで利用しても維持手数料は取られません。
手数料が取られないというだけでも非常に安心できるのですが、使いたいときだけ利用できるサービスとして使えたのがいいところです。
ネッテラーは今でもほかのサイトにはない、口座維持手数料を使わないという方法をしっかり採用していたこともあり、安心してオンラインカジノのために利用できる部分もありました。

現在利用されている入出金サービスの多くが、休眠口座維持手数料などを請求して、ある程度口座を利用しなければ手数料を取るようにしています。
中には多くの手数料を請求される可能性があり、支払いたくないのにかなり高額な手数料を払う場合もあります。
しかしネッテラーは休眠状態だったとしても口座維持手数料を取られなかったのです。

ただ、あまりにも利用していないと判断されれば口座自体が勝手に凍結されたり、削除される場合がありました。

維持手数料の無さがネッテラーを使う判断につながる

ネッテラー以外にも入出金サービスは用意されていました。
当然オンラインカジノの中には、複数のサービスと契約しているケースもありましたが、断トツに利用されたのはネッテラーでした。

その理由は上記の通り口座維持手数料がなかったためです。
他のサービスは休眠状態になると口座維持手数料を取られてしまいますが、ネッテラーは取られなかったのでユーザーからは安心されたのです。
この違いがユーザーを引き込む要因となり、多くのプレイヤーがオンラインカジノでネッテラーを使いました。

入出金サービスはある程度使いやすいところ、そして早期に入出金を実現してくれるなどのメリットも必要ですが、意味もないのに手数料を取られるような状況は一番嫌がられていました。
手数料を取られないようにネッテラーがサービスを提供したため、他の入出金サービスは次々と利用されなくなり、オンラインカジノとしてもネッテラーだけ契約しておけばいいだろうと判断されたのです。
将来的にネッテラーだけの判断がかなり悪い方向に行ったのも事実でしょう。

ネッテラーによってオンラインカジノから撤退したり、ギャンブルから使えなくなった入出金サービスも多数あります。
それだけネッテラーというのはサービスとしての質が良く、口座維持手数料も使わなくても良かったので安心できたのです。
ユーザーとしては、適当に口座を作って放置してもいいという状況はとてもいいものでした。
その反面入金等の作業に時間がかかっていたため、スピードという観点では少し劣っているサービスでもありました。

口座維持手数料無料は他のサービスが達成できない部分

現在利用されているサービスも、口座維持手数料をある程度減らすという判断ができずに苦労しています。
休眠口座となったユーザーに対して、お金を払ってもらう対応を取らないとサービスの意地ができない、もしくはサービスの水準を維持できずに苦労する問題が生じていたからです。
従って現在利用されている入出金サービスの多くは、休眠口座となった場合に手数料を請求し、ユーザーに負担を強いる結果となりました。

ネッテラーが行っていたサービスは、多くのユーザーがいたためにサービスの水準を他の部分で維持できた背景もあります。
利用者が多く、契約しているサービスも多方面に及んでいたことが、ネッテラーの口座維持手数料を取らないという判断にもつながっていったのです。
他のサービスは多くのサイトと契約できなかった問題もあり、結果的に口座維持手数料が必要となりました。

今でもネッテラーが一番だと話すユーザーもいるくらい、ネッテラーというのは非常にありがたいサービスでもありました。
その分撤退したことが非常に大きな問題となり、多くのサービスとユーザーに影響を与えてしまいました。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。